Invent

『ストーリー』&『デザイン』


トップ > 私たちが大切にすること > 『ストーリー』と『デザイン』

『ストーリー』こそが視聴者を引き込む

いい映像を作るために、重要な要素として私たちが考えていることが二つあります。

一つは「ストーリー」。そしてもう一つは「デザイン」です。

言うまでもなく映像においてストーリーは非常に重要な要素です。

なぜストーリーが重要なのか。

それは、ストーリーがあって初めて、観る人の興味をひき
長時間観ていても飽きない、人々が引き込まれる映像になるからです。

ストーリーがなければ、プロモーションしたい商品やサービスへの本当の理解が深まっていかないのです。

だからこそどんな話の展開で、商品やサービスをプロモーションしていくかということが、非常に重要になります。

映像におけるストーリーは、その映像がいい映像なのかつまらない映像なのかをほぼ決定づけるものと

言っても過言ではありません。


明確な意図を持った『デザイン』

私たちの考える、もう一つの重要な要素がデザイン。
デザインというと、すぐに思いつくのは「見た目」のことでしょう。

デザインは最終的には色づかいやどんなフォントを使うのか、どんな動きにするのかといったアウトプット。

つまり「見た目」につながりますが、私たちはその

 アウトプットにいたるまでの「意図」

を大切にします。

私たちは全てのデザインには、作り手側の「意図」があるべきだと考えています。

例えばなぜこのフォントを選んだのか、なぜ青い色を使っているのか、
そう質問されたときに、作り手は全てのことに

 明確な意図を持って答えることができるべき

です。

なぜ意図を持ったデザインが大事なのかと言えば、意図を説明できるデザインは

映像を最終的に届けるターゲットの人々のことを心から想像し、

そしてクライアントさんの商品やサービスのことを深く理解している結果として、意図を持ったデザインを提供できるからです。

意図のあるデザインを作品に取り入れることで、映像で伝えたいメッセージがより伝わりやすく、
際立ったものになると、私たちは考えています。


私たちの作品

“スポーツストレッチング専門店『SSS(スリーエス)』のWEB用映像広告制作を担当しました。”

— 株式会社スリーエス

Facebookもチェック

私たちのオフィス


( ↑ 弊社代表のブログへリンクします

Facebookの採用ページもチェック↓

Scroll to top