Invent

一番大切にするのは『理念』

トップ > 私たちが大切にすること > 1.一番大切にするのは『理念』

社名が生まれた瞬間

wand私たちのMove Emotions(ムーブエモーションズ)という社名。
この社名は同時に会社の理念でもあります。

Move Emotions = 『感動をつくる』

という理念は、会社に関わる全員が常に意識をし、何かに迷ったとき、いつも立ち返る場所です。

つまり私たちにとっての理念は、他の何よりも一番大切にしたい指針です。

だからこそ私たちのことを詳しく知って頂く上で、最初にこの社名であり、理念でもある『Move Emotions = 感動をつくる』が生まれたときのエピソードを知って欲しいと思います。

創業時の想い

heart私たちの会社は今から9年前、2002年5月にスタートしました。
そのスタートは共同代表者である高野仁と下山洋平の2人で始まりました。

私たちが一番最初にしたことは、二人のチームとしての「屋号」を決めることでした。屋号を決める話し合いはとても難航しました。なかなかお互いが「これだ!」と今後ずっと掲げていきたいと思えるほどの名前が思いつかなかったからです。

そんな中で、最終的には

「お互いが最も大切にしたい想いを一つずつ出し合い、それを合わせて屋号にしよう。」

ということになりました。

最初に共同代表の下山が

「その場に留まるのではなく前に進んだ結果、たとえ状況が悪くなったとしても前へ進もうと、常に前へ動こうとする気持ちを大切にしたい。」

という想いを込めて

「Move」。

同じく高野が

「何かを作るからには自己満足な仕事ではなく、常にそれを見てくれた人々の感情に何かしらのプラスの感情が生まれる作品をつくりたい。人の感情を何よりも大切にしたい。

という想いを込めて

「Emotion」。

そしてプラスの感情の中には楽しい、きれい、かっこいい、面白いなど複数のプラスの感情があることと、二人で始めた組織であることから複数形のsをつけて

Move Emotions = 感動をつくる

という屋号が生まれました。

創業から9年がたった今でも、その想いは社名でありかつ私たちがいつも一番大切にしたい理念であり続けています。これからも私たちは「感動をつくる」に沿った行動や事業だけを続けていきます。


私たちの作品

“スポーツストレッチング専門店『SSS(スリーエス)』のWEB用映像広告制作を担当しました。”

— 株式会社スリーエス

Facebookもチェック

私たちのオフィス


( ↑ 弊社代表のブログへリンクします

Facebookの採用ページもチェック↓

Scroll to top