Invent

二つの事業の柱をつくる


トップ > 将来のビジョン > 二つの事業の柱をつくる

自分たちを磨いていく

現在の私たちの事業の主力は、企業さんから依頼されて映像の制作を行う
『受託型の映像制作業』です。

私たちも企業ですが、企業同士の取引というのはお客さんからの要求も高く、常にいい映像をつくり、

 結果を出すこと

を求められます。

これは制作者にとっては、非常に厳しい要求であると同時に、自分たちのスキルを伸ばしていく上では
非常に恵まれた環境であると言えます。

お客さんの要求が厳しいからこそ、日々勉強し、スキルを伸ばそうと努力し、物事を深く考えて行動する。その結果、自分の思考の精度が上がる。

そういった側面が確実にあります。


自分たちをアウトプットする

しかし私たちは、映像を通して『感動をつくる』ことを理念として、
また社名として掲げている会社です。

だからこそ、自分たちが「主体的につくる映像で」、

 世の中の人々にもっともっと感動を届けたい

と考えています。

それを実現するために、社内で自発的に発生した企画をもとに事業を展開しています。

その一つが、結婚式で感謝の気持ちを家族や友人に届けるための映像

 『Life

という映像制作サービスです。

この事業を通して、私たちはより「感動をつくる」に特化したサービスを提供することが可能になります。

そしてこうした事業を手がけられるのは、企業さんから映像制作を依頼される「受託型の映像制作業」を通して、自分たちの映像制作のスキルや思考の精度を磨き続けた結果として可能になっています。

二つの事業の交差点

『受託型の映像制作』と『自社主体の映像制作サービス』

これからも私たちはこの2つの事業を軸として、企業のお客さんと消費者のお客さん、両面において
しっかりと地に足のついた

 「感動をつくる」サービス

を提供できるように、成長していく。

その先にこそ、私たちの目指す場所があると考えています。


私たちの作品

“スポーツストレッチング専門店『SSS(スリーエス)』のWEB用映像広告制作を担当しました。”

— 株式会社スリーエス

Facebookもチェック

私たちのオフィス


( ↑ 弊社代表のブログへリンクします

Facebookの採用ページもチェック↓

Scroll to top